保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について

保育所の待機児童
アベノミクス
待機児童解消加速化プラン
未だ目的未達成
リンク集
サイトマップ

保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について



保育所の待機児童

最近、赤ちゃんをそろそろと考えている方の中には、赤ちゃんを育てやすいエリアに引っ越す事を真剣に考える風潮があります。たとえ会社が少し遠くなろうとも、赤ちゃんを優先に考えている方が増えているのです。赤ちゃんを育てやすい環境というと、みどりがいっぱいあったり、犯罪率が少なかったり、病院が近くにあったりという事を最初に考えるかも知れませんが、実は最も大事な事は、待機児童の数なのです。

保育所には、自治体に認められた認可保育所の他にも、自治体に認められていない無認可保育所や認定こども園などの施設があります。認可保育所と無認可保育所や認定こども園の違いで最も大きな事は、保育料の値段です。認可保育園は、自治体が主体で行っておりますので、所得に応じて無理のないレベルの保育料になりますが、無認可保育園や認定こども園の場合には、50,000円から80,000円とかなり高額になっております。無認可保育園で毎月80,000円を支払わなければいけないのなら、働いてもほとんどが徴収されてしまう共働きの方も多く、生活が成り立たないといった問題があります。

その為、少子化対策として子供を沢山産んでもらおうとしているのに、子供を産みたくても産めないといった状況が出来上がってしまっているのです。当然、国としてもしっかりと対策を講じておりますが、まだ待機児童問題を解決するには至っておりません。そこでこちらのページでは、保育所の待機児童問題へ行っている国の施策についての情報をご紹介します。


■ 保育所関連 おすすめサイトはこちら ■
保育所や認可保育園には保育士が欠かせません。つまり、保育士として活躍できる場も広がっているのです。こちらの求人サイトは保育施設の求人情報を扱っており、求職サポートも行っています →→ 保育士 求人情報



メインメニュー

• 保育所の待機児童 • アベノミクス • 待機児童解消加速化プラン
• 未だ目的未達成 • リンク集 • サイトマップ

Copyright©2017 保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について All Rights Reserved.