保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について

保育所の待機児童
アベノミクス
待機児童解消加速化プラン
未だ目的未達成
リンク集
サイトマップ

保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について



アベノミクス

阿部首相が当初から言い続けているアベノミクスの中に、待機児童解消加速化プランという物があります。この待機児童解消加速化プランは、保育ニーズのピークと言われている平成29年度末までに40万人のお子さんを預けることができる保育の受け皿を用意するという物でした。

平成29年5月31日に行われた安倍内閣総理大臣スピーチでの発言では、待機児童の解消に必要な約22万人分の予算を2年間で確保すると明言しており、これによって遅くとも3年間以内に全国の待機児童を解消するとしています。

待機児童解消加速化プランの効果によって、全国で徐々に待機児童の数が減ってきております。特に地方ではこの効果が如実に表れており、都市部に先駆けて待機児童0人を達成している地域が増えてきました。しかしながら、都市部では、まだまだ待機児童の数の減少にはいたっておりません。平成29年末までと言われていた待機児童解消加速化プランは、一定の効果は上がってきてはおりますが、待機児童を0人にするという所は達成されておりません。もちろん待機児童問題は、少子化であったり、不況などとも密接に関係しておりますので、待機児童解消加速化プランだけでは完璧な効果は望めないという所はあります。



メインメニュー

• 保育所の待機児童 • アベノミクス • 待機児童解消加速化プラン
• 未だ目的未達成 • リンク集 • サイトマップ

Copyright©2017 保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について All Rights Reserved.