保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について

保育所の待機児童
アベノミクス
待機児童解消加速化プラン
未だ目的未達成
リンク集
サイトマップ

保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について



待機児童解消加速化プラン

アベノミクスに組み込まれてる待機児童解消加速化プランはどのような対策なのかというと、待機児童解消加速をするために5つの対策を盛り込んだプランとなっております。

1つ目は、賃貸方式や国有地も活用した保育所整備です。待機児童のいる都市部は、不動産物価が高騰しておりますので中々確保する事が難しい状況になっております。そういった難しい地域では、国有地を使って保育所を新設したり、これまで出来なかった賃貸した土地に保育所を設置する事ができるように援助してくれています。2つ目は保育士の確保です。保育所不足と合わせて保育士不足も重要な問題になります。保育士のお給料をアップしたり、認可外保育所で働いている無資格の人でも資格が取れるように支援しています。

3つ目は、小規模保育所や幼稚園の長時間預かり保育などを行っている所に運営費を補助しています。これにより、新たに小規模保育所を出すハードルを下げる事ができています。4つ目は、設備費用が出せなかったために認可保育所になれなかった無認可保育所が認可保育所に移行する為に運営費や移転費、改修費などを補助していす。5つ目は、従業員のお子さんだけでなく、近隣に住んでいる子どもも受け入れている事業所内にある保育施設には、地域型保育給付という財政支援を行っています。これらの5つの対策によって待機児童の数を減らす事に成功しているのです。



メインメニュー

• 保育所の待機児童 • アベノミクス • 待機児童解消加速化プラン
• 未だ目的未達成 • リンク集 • サイトマップ

Copyright©2017 保育所の待機児童問題へ行っている国の施策について All Rights Reserved.